いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

コレステロール
 コレステロール、悪いイメージの言葉としてとらえていませんか?実際は体の細胞やホルモンを作る上で欠かせないもので、悪玉(LDL)と善玉(HDL)の二種類があり、LDLが多いとき動脈硬化が早く進みます。
 血管の表面は内皮という細胞で覆われています。加齢、高血圧などで内皮に傷がつくと、そこから血管の壁にLDLがしみ込みかゆ状に変化、血管を狭くするのが動脈硬化の本態です。
 LDLはタバコなどで酸化され、酸化されたLDLほどしみ込みやすいとされます。赤ワインやビタミンEなどが酸化予防に働くものとして注目されているのは、この理由によります。HDLは少量のアルコールや運動、禁煙によって増加するといわれています。
 コレステロール値、特にLDLを下げるには、肉やバターに多い飽和脂肪酸を減らし、不飽和脂肪酸の多い植物油を摂るようにします。イワシなどの青い魚には動脈硬化を予防するEPA
(エイコサペンタエン酸)が含まれていますので良いです。卵黄は一日一個以内にしたいです。

健康情報メニューへ