いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

緑内障にご用心
緑内障は、視神経が障害されて視野狭窄が起こる病気で、放置すれば失明することもあります。最近の調査では四十歳以上の十七人に一人がかかっていると言われていますが、自覚症状がない場合が多いため自分では気が付きにくく、検診や他の疾患で眼科受診した時に指摘されることが多いようです。
 以前は『眼圧が上昇し視神経が圧迫されて障害されることにより視野狭窄が起こる』とされていましたが、現在では眼圧が正常範囲にある『正常眼圧緑内障』が日本では大変多いことが分かっており、眼圧以外にも視神経周囲の血流障害や遺伝などが関係すると考えられています。
 検査は眼圧・眼底・視野・隅角検査などが行われます。
 治療は緑内障のタイプによって異なりますが、点眼薬やレーザー治療、場合によっては外科的手術が必要になります。ただし視神経の障害による視野狭窄は治療によって回復するものではなく、障害を進行させないためのものですので、早期発見、早期治療が必要です。
 検診で『視神経乳頭陥凹』と指摘されたら、緑内障疑いのことですので眼科受診が必要です。

健康情報メニューへ