いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

動脈瘤
急に胸が痛くなる病気は心筋梗塞だけではありません。動脈硬化の成れの果て、大動脈のコブ・動脈瘤が破裂したり、動脈自体が裂ける解離性大動脈瘤は怖い病気です。裂けた部位によって胸が痛んだり背中も痛むこともあります。痛みの強さは半端ではありません。麻薬を必要とすることも多いです。血圧を下げると痛みが少し和らぎます。心臓の近くから解離が始まる場合、緊急に手術をすることもあります。
 診断に威力を発揮するのは、CTスキャンです。動脈瘤は検診のレントゲン撮影や、人間ドックの際のエコー検査で見つかることも多いです。五センチメートル以上の大きさの瘤は破裂する危険があります。専門医と相談の上、手術を考えたいものです。
 大動脈瘤であれ、解離であれ、動脈硬化は相当にひどいことが多いです。長年の高血圧、喫煙習慣、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の結果として、動脈の構造の破たんが起きたのです。当然のことながら脳、心臓、腎臓にも障害が出ているものです。病院に行けばすべて治してくれると思ってはいけません。

健康情報メニューへ