いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

つうふう
 足の親指の付け根あたりが赤く腫れ 激痛が走る『つうふう…痛風』。これ は、高尿酸血症という血液の異常な状 態が原因です。尿酸は体の細胞中のプ リン体という物質が代謝されて生じた 老廃物で、主に尿中に排泄されます。 通常、血液中に溶けた状態で存在しま すが、溶けにくい性質を持ちますので、 増え過ぎると溶けきれない尿酸が結晶 となって体内に沈着し悪さをするわけ です。
 どのような人が、この病気になりや すいのでしょうか。働き盛りの男性、 太っている、早食い大食い、お酒が大 好き、肉食が好き、かなり汗っかき、 活動的、ストレスが多く忙しいなどな ど。どうでしょうか?現代社会生活の 中で当てはまる方は多いのではないで しょうか。歴史上『帝王病』とか『ぜ いたく病』と呼ばれていたこの病気で すが、現在では、いわゆる『生活習慣 病』としての認識もなされてきていま す。実際、高血圧症、高脂質血症、肥 満、耐糖能異常などを合併しているケ ースも多く、高尿酸血症自体が、動脈 硬化の『マルチプルリスクファクター 症候群』の一環とも捉えられています。 痛い、痛くないの問題ではなく、十分 な注意が必要なのです。
 治療は適正体重の維持、アルコール を控える、水分をたくさん取る、スト レスをためないなど、いずれも他の生 活習慣病と共通することでもあります。 もちろん、尿酸値の高さによっては、 しっかりした薬物治療が必要です。健 康診断などで「尿酸値が高い」とされ た場合、症状の有無にかかわらず、か かりつけの診療所などできちんと診察 を受けるようにしましょう。

健康情報メニューへ