いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

心臓弁膜症
 心臓は全身に血液を送るポンプであり、逆流防止の弁が四カ所に付いています。この弁の故障を弁膜症といい、以前はリウマチ熱の後遺症が最も多くありました。梅毒や胸の打撲でなることもあります。弁の狭くなる狭窄症と、弁がきちんと閉じない閉鎖不全症の二種類に分類されます。長年、弁の機能不全に耐えてきた心臓も、ある時点から弱り始め、不整脈や心不全を併発するようになります。心房細動という不整脈から脳梗塞を合併したり、心不全から生活の質の制限を受けたりすることも多くあります。エコーを用いて診断しますが、正確には造影検査を必要とします。
 弁の故障がひどい場合、手術で人工の弁に取り替えることになります。この場合、血栓が付かないようにある種の薬を飲まなければならず、納豆がこの薬の働きを妨害するので、禁止されます。納豆自体は健康に良い食品で、血がドロドロになるといううわさは大きな誤解です。人工弁の入っている人に限られた制限であることを強調しておきたいと思います。

健康情報メニューへ