いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

擦り傷の手当て
 子供の頃、近所を駆け回っては擦り傷、切り傷、何かにつけ赤チンキ、ガーゼなどのご厄介になった方も多いでしょう。ひざ小僧のカサブタがなかなか治らなかった経験は誰にでもあるものです。
ところで、傷が治る仕組みが最近の研究でかなりよく分かってきました。それによると、壊れた組織が増殖因子などの助けで、各種の細胞が協力し、迅速に再生してゆくというのです。この治癒過程には乾燥が大敵です。擦りむいた傷を消毒、ガーゼで覆う昔からの方法は、表面に滲み出た増殖因子を含む液を吸い取り、乾燥させ、逆効果になります。実は大事に使ってきた消毒薬さえも、化膿を防ぐ効果はあまりありません。
転んで汚れた傷を作った時などは、水道水で汚いところをよく洗う方が良いのです。ガーゼは傷を乾燥させた上、表面に絡みつき、剥がすたび再生現場を元に戻し、わざわざ治り難くしているようなものです。乾燥の結果できたカサブタは治癒の妨げにもなります。出血は軽い圧迫で程なく止まりますから、そのあとは乾燥を防ぐようにラップ、バンソウこうなどで優しく覆ってやるのが傷をきれいに治すコツです。最近のバンソウコウの中には、乾燥を防ぎ、適度の湿潤を保つように工夫されたものが出ています。これからは、このような理屈に合った治療が家庭医学の常識となるでしょう。

健康情報メニューへ