いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

花粉症
 スギ花粉など、ある特定の花粉が 目に入ったり、鼻から吸い込まれた りすることによって起こるアレルギ ー症状を花粉症といい、最も有名な ものがスギ花粉症です。
花粉症の原因となる植物はさまざ までスギ以外にカモガヤなどのイネ 科の雑草、ブタクサ、ヨモギといっ たキク科の雑草などがあり、現在四 十種類ほどが知られています。
いわきでは、二月中旬から三月に かけてみられるスギ花粉症が最も多 く、終戦後の緑化推進運動による植 林がもたらしたスギ花粉の増加によ るようです。
 スギ花粉の飛散量は前年夏の気象 条件、特に日射量や降水量、気温の 影響が大きいことが以前から知られ ており、去年の猛暑のため今年のス ギ花粉飛散量は昨年の十倍以上と言 われています。
 対策として花粉は晴れて風のある 日によく飛ぶので、このような日の 外出はできるだけ控え、外出しなけ ればならない時は、マスクやメガネ を着用すると良いでしょう。布団や 洗濯物を取り込む際には花粉を十分 に払い落とし、外出から帰宅時には 髪や衣服についた花粉を落とし、室 内への花粉の侵入を防ぐよう心がけ ましょう。
例年症状の酷い方は、症状の出る 前や初期に抗アレルギー薬の点眼や 内服を行えば効果があります。

健康情報メニューへ