いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

糖尿病の症状と予防法
 厚生労働省の平成十四年患者調査によると、平成九年に比べ、糖尿病と考えられる方は約六九〇万人から七四〇万人へと五〇万人増加し、糖尿病予備軍と考えられる方は、六八〇万人から八八〇万人へ二〇〇万人も増加したと推察されています。糖尿病は今後さらに増加すると予想されます。現在健康な方でも、将来、糖尿病になりやすい素質を持っていたり、現在、糖尿病になっていても気付いたりしていない方も多いと思われます。そこで、糖尿病とは無縁と思っている方にも糖尿病はどんな病気で、その発症進行を防ぐためにどうすればよいかを知ってほしいと思います。もう糖尿病になってしまった方には糖尿病を理解し、合併症が進まないようにしてほしいです。
 健康な人では、血液中の糖分の量すなわち血糖値は、六〇から一二〇mg/dlの間にコントロールされています。これは血糖値の動きによってすいぞう膵臓から出るインスリンの量がうまく調整されていて、インスリンが膵臓や筋肉、脂肪細胞で血糖値を正常に保つように働いているからです。
 膵臓から分泌されるインスリンの量が少なくなったり、あるいはインスリンが作用する肝臓や筋肉、脂肪組織などでインスリンが正常に働かなくなると、血糖値が上昇してしまい糖尿病になってしまいます。そして体中にさまざまな合併症が起こってきます。
 糖尿病の症状としては、尿量が多くなる(多尿)、のどが渇き水分をたくさん取る(多飲)、食用が出過ぎて食べ過ぎる(多食)などがあります。進行すると、食べる割には体重が減少するなどがあります。またさらに進行すると、意識がなくなってこんすい昏睡状態に陥ってしまいます。ここまでくると生命にも危険が及びます。

 しかし、糖尿病が軽い場合には、無症状のことが少なくありません。そのため、発見が遅れることもありますので注意が必要です。
 糖尿病の原因には、遺伝や生活習慣が関係しています。生活習慣というのは食べ過ぎや運動不足、それによる肥満、ストレスなどです。遺伝はどうしようもありませんが生活習慣は変えられます。最近の糖尿病の増加は食生活が豊かになったこと、自動車の普及で運動が減ったことなど、生活環境の変化が理由と考えられます。特に、肥満は糖尿病だけでなく、脳こうそく梗塞や心筋梗塞など心血管病の原因にもなるので、食べ過ぎないこと、積極的にできるだけ身体を動かすことで肥満を解消することが重要です。食事を中心とした生活習慣を改善することで、糖尿病は予防できます。
 ただし、どんなに注意していても糖尿病になることがあり得ますので、このような症状があれば検査を受けること、症状がなくても定期的に健康診断を受けることが大切です。

健康情報メニューへ