いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

糖尿病の診断
 糖尿病の診断は、血糖値を測定し、慢性的な高血糖状態の存在を確認することです。食事の影響を考えずに測定した随時血糖値が二〇〇J/O以上、または朝食前の空腹時血糖値が一二六J/O以上、あるいは朝、空腹状態で成人ではブドウ糖七五gを飲んで二時間後に測った血糖値(ブドウ糖負荷試験)が二〇〇J/O以上のどれか(静脈血漿値)が別の日に行った検査で二回確認できれば糖尿病と診断します。これらの基準値を超えても一回の検査の場合は「糖尿病型」といいます。しかし、口渇・多飲・多尿・体重減少などの糖尿病の典型的な症状、過去一〜二カ月間の平均の血糖状態を反映しているHbAlcという検査の数値が六・五%以上、確実な糖尿病網膜症の存在、あるいは過去に糖尿病型を示した資料のいずれかがあれば、高血糖の証明は一回だけで糖尿病と診断されます。
 ブドウ糖負荷試験の判定基準は、空腹時血糖値一一〇J/O未満、糖負荷二時間後血糖値一四〇J/O未満を「正常型」、 二〇〇J/O以上を「糖尿病型」、 正常型にも糖尿病型にも属さない場合を「境界型」といいます。境界型といわれても安心はできません。境界型の人は正常型の人より糖尿病になる率が高くなりますし、肥満や高脂血症、高血圧を有することが多いのです。そのため動脈硬化性疾患を合併していたり、将来合併する可能性が高いので、生活習慣の改善に努め、定期的に検診を受けることが大切です。

 

健康情報メニューへ