いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

肺  炎
Q 肺炎は今でも多い病気ですか。
A 肺炎で年間約十万人が亡くなっており、がん、心臓病、脳血管障害に次いで死亡原因の第四位にあります。肺炎で死亡する人の九割以上が六十五歳以上の高齢者で占められています。Q なぜ肺炎で亡くなる人が多いのですか。
A いくつかの原因が考えられます。高齢者は細菌に対する免疫能力が低下していると思われます。また細菌が変化して抗生物質に抵抗力を持つ耐性菌が増えていることもあります。
さらに、お年寄りが長生きになってきて体力が低下してきたり、脳血管障害の後遺症が出たりして、誤嚥(ごえん)し易くなると肺炎になりやすく、また治りにくくなります。
健康な人は食べた物が食道から胃に行き(嚥下反射)気管に入らないようになっていて、間違って気管に入ってもせきで気管から排出できます(咳(せき)反射)。高齢者や脳血管障害後遺症の人は、この反射の力が弱くなっており、食べた物が気管に入り易く、一緒に細菌も肺の中に入り易くなります。高齢者の肺炎の多くが、この誤嚥性肺炎です。
誤嚥を予防するためには、よく噛んでゆっくり飲み込む必要があります。口の中を清潔に保つことが大切です。
肺炎を予防するためには、肺炎の原因の約三割を占める肺炎球菌に対する肺炎球菌ワクチンが有効です。