いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

定期予防接種体制の変更

 市が実施している小児の無料の予防接種は、法律の改正によって対象者が大幅に変更されます。
 BCGは本年四月から、生後三ヶ月から四歳未満でツベルクリン反応を行ってからBCG接種を受ける制度から、出生直後から六ヶ月未満でツベルクリン反応をしない直接接種と変わりました。
中学生の日本脳炎ワクチン三期が廃止されましたが、第一期・第二期の希望者はこれまでどおり無料で接種を受けられます。
麻しん、風しんワクチンは来年四月から、一歳から二歳未満を対象とした麻しん・風しん混合ワクチンだけでの接種と決められました。五歳から小学校就学までも二期の麻しん・風しん混合ワクチンの対象とされていますが、麻しんや風しんにかかってない、ワクチン未接種者だけが対象とされています。二歳未満でどちらかのワクチンを受けている場合や二歳を過ぎた子どもは対象外となります。二歳未満でも片方のワクチンをすでに受けている場合、二歳を過ぎてまだワクチンを受けていない子どもには来年三月までに必ずワクチンを受けさせてください。

健康情報メニューへ