いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

糖尿病診療録 運動療法

運動療法は食事療法と並び糖尿病治療の基本です。運動により体の中のインスリンの働きを良くして血糖を下げることが目的です。そのためには十分に筋肉を使わないと血糖値が下がりません。逆にインスリン作用が不足している時に激しい運動をすると、肝臓からどんどん糖が放出されて血糖値が上がってしまい、逆効果になります。
従って、糖尿病に良いのは十分に酸素を取り入れながら行う有酸素運動です。ウオーキングや軽めのジョギング、自転車、水泳など全身の筋肉を使うものが適しています。特にウオーキングがお薦めです。歩幅を大きめにとり、腕を大きく振って筋肉を十分に使うのがコツです。速めの速度でうっすらと汗ばむ程度に十五分から三十分、たっぷり時間をかけて行います。このような運動を、疲れが翌日に残らない程度に毎日続けましょう。
運動療法といっても仕事が忙しくてなかなかできない人は、エスカレーターなどに乗らず、階段を歩くなど日常の生活の中でいろいろな工夫をしながら、毎日できるだけ体を動かすようにしましょう。
運動療法を始める前には必ず検査を受けて、医師のアドバイスに基づいて行ってください。薬物療法中の人は空腹時の運動は避けてください。また、激しい運動や長時間の運動によって低血糖が起きることがありますので、運動中、運動後の血糖管理にも気を付けましょう。運動前後の準備体操と整理体操は必ず行いましょう。

健康情報メニューへ