いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

セカンド・オピニオン

 セカンド・オピニオンとは、直訳すれば第二の意見ということです。具体的には診断や治療方針に関する主治医以外の医師の意見のことをいいます。
「手術を勧められたけど、どうしよう…。」重大な決断をしなければならないとき、他の医師に相談したいと思うのは当然のことです。たとえ主治医から懇切丁寧な説明を受けたとしても、情報も知識もない患者さんや家族の方にとっては治療法の決定ができなかったり、不安を覚えたりする場合もあります。だから別の専門医師の意見を聞きたくなるというわけです。これは至極当然なことですので、セカンド・オピニオンを希望する場合は、遠慮なく主治医に相談されると良いでしょう。
日本ではまだセカンド・オピニオンが普及していないため「主治医に失礼になるのでは?」と思われがちのようです。しかし、主治医にその事実を隠し、別の医療機関で新たに診察や検査を受けることは、同じ検査を何度も繰り返すことになり、また主治医との関係を悪くする恐れがあり、あまり賢明なやり方ではありません。十分に納得し、安心して治療を受けるためには、@セカンド・オピニオンをとることを主治医にきちんと伝えるA受診したい医療機関への紹介状の作成を、主治医に依頼するBこれまでの検査結果を持ち出す許可を得ることが大切です。

健康情報メニューへ