いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

経口血糖降下薬

 食事療法や運動療法をしても血糖値が治療目標まで下がらないときは、経口血糖降下薬やインスリン注射を用いる薬物療法が必要となります。
 経口血糖降下薬には、いろいろな種類があります。スルホニル尿素薬は膵(すい)臓に働きかけてインスリンの分泌を促します。ビグアナイド薬は筋肉でのブドウ糖の利用を促進するとともに、肝臓からのブドウ糖の放出を抑えて血糖値を下げます。α−グルコシダーゼ阻害薬は、食物に含まれている糖分の消化、吸収されるスピードを遅らせることで食後急激に血糖値が上昇するのを防ぎます。速効型インスリン分泌促進薬は服用するとすぐにインスリン分泌を促すので、食事の直前に服用することで、食後の高血糖を抑えます。インスリン抵抗性改善薬はインスリンが効きにくくなっている状態を改善し、細胞でのインスリンの働きをよくすることで血糖値を下げます。
 これらの薬は患者さんの病状に応じて単独またはほかの経口血糖降下薬やインスリンと併用して使われます。経口血糖降下薬にはインスリンそのものを作り出す働きはないので、膵臓でインスリンを作り出す力のない人や、1型糖尿病の人には効果がありません。また、腎(じん)臓や肝臓に障害のある人では身体から消失する時間が長くなったり、薬の作用が強くなりすぎたりすることがありますので使えない場合があります。

健康情報メニューへ