いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

過敏性腸症候群

 大腸そのものには病的変化がないのに、下痢や便秘の便通異常と腹痛を繰り返す状態を過敏性腸症候群といいます。生命への危険はないものの、生活に支障をきたす困った病気で、人口の約一〇〜一五%にみられます。
 過敏性腸症候群には、下痢がひどいタイプ、ウサギの糞のような便秘タイプ、便秘と下痢を交互に繰り返すタイプ、腹痛と粘液がでるタイプなどがあります。
 大腸は胃と同じく自律神経と関係があり、ストレスの影響を受けやすい臓器です。ストレスによって大腸の動きがゆっくりになると、大便が固まりやすくウサギの糞のようになり、動きが早過ぎると水分を十分吸収しないうちに排泄してしまうので下痢になります。男性は下痢、女性は便秘を訴えることが多いようです。便通の異常の他に、げっぷ、胸やけ、腹痛、腹部膨満感、イライラ、動悸、肩こりなどの自律神経失調の症状を訴えることがあります。
 同じような症状を訴える病気は他にもあるため、大腸エックス線検査や内視鏡検査、便検査などで他の病気がないかを確かめなければなりません。
 治療はストレスになっている原因を突き止めて取り除くことですが、自分ではできませんので、医師の指導を受けてください。便秘薬や下痢止めを勝手に服用することは逆効果になったり、治りにくくしてしまったりしますので注意してください。

健康情報メニューへ