いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

糖尿病療養上の注意

  糖尿病は基本的には治りませんが、十分にコントロールできます。そのための注意点を述べてみます。
 @糖尿病を管理するのは自分自身であるという自覚をもち、日ごろから尿糖や血糖の自己測定を行い、血糖自己管理の習慣を身に付けましょう。A栄養のバランスが取れた三度の食事をきちんと取り、無理なく続けられる適度な運動をしましょう。そして、休息や睡眠を十分に取り、規則正しい生活をしましょう。Bストレスはインスリンの働きを悪くし、血糖を上昇させます。ストレスをため込まないように、自分にあったストレス解消法を見つけてください。Cたばことアルコールはやめてください。D歯槽膿漏(のうろう)や歯肉炎予防のため、歯磨きの習慣を身に付けましょう。また足壊疽(えそ)予防のため、風呂に入ったときは足の指の間まできれいに洗い、異常がないかよく観察しましょう。また、深爪は避けましょう。Eちょっとした風邪でも肺炎になることがあるので、油断しないで、おかしいと思ったら医療機関を受診してください。F糖尿病の治療は中断しないで、定期的に通院するようにしましょう。

 普段の生活をしながら糖尿病の治療をするのは、最初は大変です。しかし、決して諦めることなく糖尿病と上手に付き合ってください。そのうちに健康で長生きができるという自信がわいてくるでしょう。

健康情報メニューへ