いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

視神経乳頭陥凹

 人間ドックや集団検診で「視神経乳頭陥凹」という診断名のつくことがあります。聞き慣れない診断名ですが、これは眼の中にある視神経乳頭という部位の変化を示しています。視神経乳頭は網膜の神経が一カ所に集まって眼球の外側に出ていく場所で、正常でも中心に生理的陥凹と呼ばれる凹(へこ)みがあります。この凹みが大きくなるのが視神経乳頭陥凹です。
視神経乳頭陥凹は、眼の圧力(眼
圧)が高くなる緑内障などに見られるもので、しばしば網膜の神経が少なくなり見える範囲(視野)が狭くなっています。しかし、このような症状はかなり進行しないと気づきません。そこで早期発見のため、視神経乳頭陥凹・要精査として精密検査を勧めます。
では、この診断がつくと全て緑内障か?必ずしもそうではありません。まったく問題のない眼でも視神経乳頭陥凹のように見えることがあります。そこで、精密検査は、眼圧を測り、状態に応じて視野の検査などを行います。眼圧は血圧のように測りかたや時間などによって変りますので、何度か計って結果を出すこともあります。もし緑内障など問題となる病気があれば、眼圧を下げる点眼薬や内服薬を使い、できるだけ進行しないようにします。
あまりなじみのない診断名ですが、後で後悔しないためにもきちんと精密検査を受けることが大事です。

健康情報メニューへ