いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

傷あとをきれいにしたい

 「けがや手術の傷あとを消したい」とよく相談されます。魔法ではないので、何も無かったように傷あとを消すことはできませんが、なるべく目立たないようにすることは可能です。
 まず大切なのは、もちろん最初けが(手術)をした時、丁寧に縫合することです。形成外科では、埋没縫合といって、皮下を縫合して外に糸を出さない縫い方をよく利用し、傷あとを比較的きれいにすることができます。手術の創(きず)やきれいな創は、この方法でかなりきれいにすることができます。汚い傷や広範囲の傷は、汚染された部分を切除して縫合します。

 けが(手術)の後三カ月位すると傷は落ち着いてきますが、場合により引きつれたり盛り上がったりすることがあります。この時期以降に傷あとの修正を考えます。基本的には、目立つ部分を切除して、もう一度丁寧に縫合するのですが、しわに平行な傷の方が目立ちにくいので、傷の方向を変えたり、ジグザグにしたりすることで目立たなくします。大きな傷あとや刺青(いれずみ)などは、すぐ隣の皮下に風船状の物(組織拡張器)を入れ、数ケ月かけて少しずつ膨らませて皮膚を伸ばしておき、十分に伸びた後、傷あとなどを切除し風船を取り出して余裕のできた皮膚でカバーすることもあります。

健康情報メニューへ