いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

ほくろやアザ

 「ほくろやアザを取りたい」といって外来を訪れる方が多くいます。中には皮膚がんではないかと心配する方もいます。
 小さなほくろであれば単純に切除して縫合、少し大きなものは、切除して隣りあった皮膚を利用してふさぎます。大きなものは皮膚を移植したり、前回説明した組織拡張器を使ったりすることもあります。また、レーザーを利用することもあります。
 アザの中にはいろいろな種類があって赤い血管腫(しゅ)、青い蒙(もう)古(こ)斑、茶色の母斑などがあり、それぞれ治療法が違います。血管腫にはレーザーが有効で、蒙古斑にも有効なものもあります。いずれも時間とともに消えてゆくタイプもありますので、外来で相談してください。母斑はほくろの大きなもので治療法は同じです。

 ほくろやアザの中には、まれに悪性のものがあり、注意が必要です。急に大きくなったり、境界が不規則なもの、出血、潰瘍(かいよう)形成などがあったりするものは要注意です。早めにご相談ください。良性と思われるものも含めて、切除した標本は病理検査をします(顕微鏡で細胞を見て悪性かどうか判断する)。悪性の場合はそれぞれの診断により治療します。皮膚がんについては次回お話します。

健康情報メニューへ