いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

とびひ

  とびひは伝染性膿(のう)痂疹(かしん)という幼少児に多い皮膚病です。蚊などの虫刺されや湿疹(しっしん)の引っかき傷、擦り傷などに細菌(黄色ブドウ球菌が多い)が感染して起こります。暑くて汗をかく、蚊の出る夏場に多い病気です。
 感染を起こした皮膚に水ぶくれができます。この水ぶくれは容易に破れ、赤くジクジクした状態になります。比較的少ないのですが、かさぶたを主症状とするとびひもあります。この水ぶくれの中の液や、ジクジクした面の液が、体の別な場所やほかの子供に付くとうつる(飛び火する)のでとびひと呼ばれます。
 夏場で楽しみなプールなのですが、悪化したり、ほかの子にうつしたりする恐れがありますので控えましょう。タオルの共用などもいけません。お風呂は、患部が乾くまではシャワーを利用しましょう。石鹸(せっけん)をよく泡立てて、こすらないようにそっと洗うようにしましょう。
 治療法は抗生物質の内服が基本です。また、かゆいので手がいって、その手指に病変部の液がついて他の場所へ感染するのを防ぐ目的から、かゆみ止めを併用したりします。数日で乾いて治ってきますが、完全に治しきらないと再発することがありますので、かかりつけの医師とよく相談しながらきちんと治療しましょう。

健康情報メニューへ