いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

前置胎盤と胎盤早期剥離

 ベッドのシーツをぬらすような大量の出血、お腹の痛みはなし。これが前置胎盤です。子宮の出口が胎盤でふさがっていますから、治療は帝王切開で赤ちゃんを出すしかありません。皇室の紀子様の出産もこれでした。もっとも、全部ふさがっている場合と一部ふさがっている場合があり、自然分娩(ぶんべん)が可能なこともあります。
 膣(ちつ)からの少量の出血、お腹の強い痛み、これが胎盤早期剥離です。妊娠している間に子宮に巣くっている胎盤の一部がはがれ、子宮に陣痛が起こり、お腹の赤ちゃんが危険にさらされます。死産になることもあります。ふつう胎盤は赤ちゃんが出たあと、子宮からはがれて出てくるのですが、この場合は赤ちゃんがお腹の中にいる間に胎盤がはがれてしまうのです。もちろん早期であれば母児ともに助かります。

 妊娠すると病院に通いますが、決してみなさん病人というわけではありません。突然、病人になることがあるのです。患者さんにならぬようきちんと産院やクリニックで定期検診を受け、妊婦さんの、ご家族の、大切なお祝い事を完成させてください。心を据え、定期検診にきちんと通い、妊娠やお産をよく学び、陣痛がきてもあわてず、お医者さんや助産師さんと一丸となって、無事出産してください。

健康情報メニューへ