いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

C型肝炎

Q C型肝炎とはどんな病気ですか。
 C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると、約七〇%の人がHCVの持続感染者(キャリア)となり、放置すると本人が気付かないうちに、慢性肝炎、肝硬変、肝がんへと進展する場合があります。
HCVに感染していることがわかったら、症状がなくてもきちんと検査をして病気を早く発見することが大切です。HCVに感染しているかどうかは、血液検査で調べることができます。
Q どのようにして感染するのですか。 HCVは、主に感染者の血液が他の人の血液の中に入ることで感染します。  
具体的には、感染血の輸血、感染器具による注射・入れ墨・ピアスの穴あけ・針刺し事故、性交渉(まれ)、出産時の
母子感染(少ない)などで感染することがあります。常識的な社会生活を心掛けていれば、日常生活の場でHCVに感染することはほとんどないと考えられています。
Q 治療法は。
 C型慢性肝炎の治療法には、大きく分けて原因療法の抗ウイルス療法(インターフェロン療法など)と、進行を遅らせる肝庇護(ひご)療法の二つの方法があり、病期や病状によって選択されます。詳しくはかかりつけ医に相談してください。