いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

血液検査と食事の関係

 今回は、血液検査と食事の関係についてですが、「甘いものを食
べ過ぎて糖尿病になった」とか
「油っこいものを食べ過ぎて脂肪肝になった」とかいう話しではありません。食事が血液検査に及ぼす影響についてです。
以前から、血液検査は早朝の空腹時に行われてきました。現在でも、入院している場合や人間ドックなどでは、朝早く朝食前に採血しています。ところが市民健診や職場健診などでは、都合で採血が午前中の遅い時間になったり、午後になったりします。そんな場合はどうしても食後に血液検査をすることになります。
ここで今回の『血液検査と食事の関係』です。ほとんどの検査項目は食前、食後で結果に変わりはないのですが、血糖と中性脂肪については食後に必ず高くなります。
検査結果だけをみると、「血糖値が高い→もしや糖尿病?」「中性
脂肪が高い→もしや高脂血症?」と不安になりますが、もし食後の採血でしたら、もう一度、空腹時に採血してみてください。実は何ともなかったという結果になることも珍しくありません。

健康情報メニューへ