いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

肝臓がん

Q 肝臓がんはどのような病気ですか。
 肝臓にできるがんを原発性肝がんといい、その九五%が肝細胞由来の肝細胞がんで、一般的に肝臓がんといえば肝細胞がんを指すことが多いようです。ほとんどの場合、C型またはB型肝炎ウイルスによる肝硬変や慢性肝炎を有しています。
Q 肝臓がんの症状はどのようなものですか。
 倦怠感、食欲不振など慢性肝炎による症状がほとんどで、肝硬変になると黄疸や腹水による腹部膨満感などがありますが、多くの場合、無症状です。
Q 肝臓がんの診断はどのような手順で行いますか。
 基礎疾患にC型またはB型肝炎による肝機能障害があるため、健診などで肝機能障害が認められた場合、C型およびB型肝炎ウイルスを測定し、どちらかが陽性ならば、腹部超音波や腹部CTスキャンなどの画像検査、腫瘍マーカーの採血などを行います。
Q 肝臓がんの治療はどのようにしますか。
 がんの大きさや数、できた場所、残存肝機能障害により外科的手術、経カ
テーテル肝動脈塞栓(そくせん)術、ラジオ波焼灼(しゃく)術、エタノール注入療法などがあります。
 このように、肝臓がんは、基礎疾患にC型またはB型肝炎による肝機能障害があるため、健診などで肝機能障害が指摘された場合は、必ず医療機関を受診し、精密検査を受けてください。