いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

経鼻内視鏡検査

 苦痛が少ない新しい胃内視鏡検査として最近普及してきた、鼻から入れる「経鼻内視鏡検査」を紹介します。一般的に行われている経口内視鏡検査では、喉(のど)の奥の舌の付け根(舌根)にスコープが接触するため、咽頭(いんとう)反射が起きて吐き気を催すことがみられました。 これに対して経鼻内視鏡検査では、スコープが舌根に触れることなく食道や胃に到達するため、患者さんは吐き気をほとんど感じることなく検査を受けられます。
経鼻内視鏡検査が広まり始めたのは、細い内視鏡スコープが開発されたからで、従来、一般的に使用されてきたスコープは、太さが約十_程度でしたが、二〇〇二年に直径五〜六_のスコープが登場して、経鼻内視鏡検査が可能になりました。
経鼻内視鏡の欠点として、従来の経口内視鏡に比べ、やや描出能が劣るため精密検査や、止血などの内視鏡治療には向かない点が挙げられますが、苦痛が少ないため、スクリーニング検査には適しており、今後さらに普及していくと考えられます。

「胃カメラは受けたいけれども、苦しくてやりたくない」とお考えの方は、この方法をお勧めします。


健康情報メニューへ