いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

ノロウイルスによる感染性胃腸炎

 昨年の十一月から十二月にかけて、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が全国的に猛威を振るいました。ノロウイルスが原因で起こる感染性胃腸炎や食中毒は冬季に多く発生します。潜伏期間は二十四〜四十八時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。また通常これらの症状は二日ぐらいで治癒し、後遺症はありません。
 感染はほとんどが口からウイルスが入ることによって起こります。具体的には@汚染した貝類を生あるいは十分に加熱調理しないで食べるA食品取扱者が感染していて、その人を介して汚染した食品を食べるB患者のノロウイルスが大量に含まれる便や吐いたものから、人の手を介して二次感染する−などにより感染が拡大します。
 予防としては、@食事の前や排便の後には必ず手洗いを行うA下痢や嘔吐(おうと)などの症状のある人は食品を直接扱うような仕事をしないB胃腸炎の患者に接する人は、患者の便や吐いたものを適切に処理する−ことなどが大切です。またカキなどの貝類を食べる場合には、八十五℃以上で一分以上の加熱を行えば感染性は無くなるといわれています。
? 治療は、現時点ではノロウイルスに有効な抗ウイルス剤がないため、対症療法が行われます。脱水がひどい時には、輸液による水分や栄養の補給が必要となることもあります。

健康情報メニューへ