いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

月経前緊張症

 女性の場合、生理の一週間前くらいから、イライラや憂うつ、不安、涙もろくなるなどの心の症状や、頭痛、むくみ、下腹の痛み、肩こり、乳房の張りや痛み、吹き出物が増えるといったからだの症状が現れます。ほてりやだるさ、やたらと眠い、反対に不眠などがある人もいます。
 症状が強いと、理由もなくイライラして家族に当たる、憂うつな気分になり落ち込んで日常生活に支障をきたすこともあります。また、むくみによって、普段ははくことができるスカートや靴をきつく感じたりすることもあります。こうした症状は、生理が始まるとともに消え、次の生理の前に再び同じ症状が現れるというパターンを繰り返します。
 原因は、排卵後にプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増えることと、脳のホルモン中枢である視床下部との関係などが指摘されています。月が満ちては欠けるように女性の心と体は精巧で、外からは見えないけれど、微妙な不具合をコントロールしながら生活しているのです。

 生理が始まれば症状は治まりますが、つらいようなら婦人科に相談しましょう。婦人科ではそれぞれの症状に合わせ、ホルモン剤、漢方薬、利尿剤などを用いて治療します。

健康情報メニューへ