いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

AED(自動体外式除細動器)

AEDをご存ですか?
心臓が止まり意識のない患者さんが救急室に運ばれ、医者が胸に電気ショックをかけると、全身がビクッとなって息を吹き返す―。救急もののテレビドラマでよく見かけるシーンです。
この電気ショック、正確には電気的除細動といいます。心臓が原因で起こる突然死の多くが、心室細動という非常に重篤な不整脈によるといわれています。心室細動に陥った人を助けるためには、一刻も早い電気的除細動が必要です。救命の可能性は、心室細動に陥ってから一分間に約十%の割合で低下してしまいます。すなわち、十分たつと、助かる人はほとんどいない計算になります。病院に運んでいては間に合わないのです。

こういった現状から、一人でも多くの人を助けるため、日本では平成十六年七月から、AEDという救急医療機器が医療従事者以外の一般の人でも使えるようになりました。現在、公共施設や大規模イベント会場など、人の多く集まる場所への設置が進んでいます。使用法は簡単で、電源を入れると音声メッセージが流れますので、それに従えば、誰でも使えるようになっています。とはいえ、自身を持って使うためには、講習会を受講しておくことが望まれます。ぜひ最寄りの消防署へお問い合わせください。

健康情報メニューへ