いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

尿路結石

Q どんな病気ですか。
 尿路結石とは尿路(腎臓、尿管、ぼうこう、尿道)に結石ができる病気のことをいいます。その多くはまず腎臓で結石が発生し(腎結石)、それが尿とともに下降して尿管結石やぼうこう結石、尿道結石になります。
Q どんな原因で結石ができますか。
 腎臓内で、シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム、尿酸などの物質が尿中で飽和状態となり結晶が析出します。それがさらに成長、凝集し結石となります。
Q どんな症状がありますか。
 腎結石では一般的に痛みはなく、時として血尿の原因になります。尿管結石は側腹部から下腹部にかけての 疝(せん)痛発作(突然に生じる激しい痛み)と血尿が典型的な症状です。ぼうこう結石は頻尿の原因になり、尿道結石は尿閉(尿が出なくなること)の原因になる場合があります。
Q どんな治療法がありますか。

 尿路結石によって疝痛発作を認める場合は、鎮痛剤などで痛みをまず除去します。結石が一センチメートル以下の大きさであれば、自然排石が期待できるため、水分摂取とともに薬によって治療します。自然排石されない結石は、体外衝撃波や内視鏡治療、開放手術によって治療します。

健康情報メニューへ