いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

熱中症について

夏本番を前に、今回は熱中症についてお話しします。
人間は、恒温動物ですから、体温は常に一定になるようにさまざまなしくみを持っています。通常、暑いときは自発的に薄着になり、涼しい所を求めて移動したり、汗をかいたりして、体温が上がり過ぎないようにしています。
しかし、限度を超えた暑さにさらされると、体にさまざまな障害が出てきます。その障害を総称して熱中症と呼んでいます。症状としては、めまい、気分不快、脱力などがあり、重症になると意識障害、さらには昏睡状態となり、生命にかかわってきます。予防には炎天下などの高温環境で長時間の作業や運動は極力避けるとともに、水分や塩分の補給も重要となります。
また、高齢者や小さな子どもが閉めきった屋内で発症することもあり、注意が必要です。応急処置としては、意識が清明であれば涼しい所で安静にさせ、スポーツドリンクなどで水分を補給させます。病院ではリンゲル液などの点滴で様子を見ます。意識障害を来していたり、体温が四○度以上になっているときは重症で、集中治療ができる医療機関への搬送が必要です。

天気予報によると、今年の夏は猛暑が予想されるとのこと。熱中症は命にかかわる病態です。くれぐれも注意してください。


健康情報メニューへ