いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

腹痛について

おなかの痛みは、急病の中でも最も頻度の高い症状の一つです。原因や重症度は、軽い胃腸炎など自然に治ってしまうものが多い反面、腹膜炎のように緊急手術が必要で生命にかかわるものまでさまざまです。一般におなかの痛みは、胃や腸などに由来する痛み(内臓痛)と、おなかの内側にある腹膜という膜に由来する痛み(体性痛)に分けられます。
 内臓痛は、痛みの場所がはっきりしない漠然とした痛みである一方、体性痛は、場所のはっきりした痛みであることが多いといわれています。また、痛みのある場所を押すと、筋肉がこわばりおなかが硬くなる筋性防御や、押したときより離したときに痛みが強くなる反跳痛などは腹膜刺激症状と呼ばれ、腹膜炎のサインとして有名です。
 おなかの痛みは、レントゲンを撮ったりしただけでは診断が付きにくいため、病院では、内臓痛で腹膜刺激症状のない方は、まず痛み止めなどで様子観察を行い、体性痛や腹膜刺激症状のある方は、緊急手術の可能性を念頭に置きながら検査を進めていきます。また、繰り返す痛みは、まれに悪性腫瘍の可能性もありますので、緊急性の有無とは別に早めの精査が必要です。

健康情報メニューへ