いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

性感染症

Q どんな病気ですか。
 性感染症とは、性行為によって感染が起こる病気の総称です。ここでいう性行為とはセックス以外のディープキスやオーラルセックスなども含まれます。
Q どんな原因で感染が起きますか。
 性感染症は、性行為を通じて細菌やウイルス、真菌、寄生虫が感染することにより発症します。
Q どんな症状がありますか。
 感染する病原体と部位によって異なります。頻度の高いものとして男性の場合、排尿痛や尿道からの膿の排出(淋(りん)菌性尿道炎、クラミジア尿道炎)。女性の場合、おりものの増加(淋菌感染症、クラミジア感染症、カンジダ感染症)。男女共通として、陰部の強いかゆみ(毛じらみ)や、いぼ( 尖形(せいけい)コンジローム)、水疱(性器ヘルペス)の出現などがあります。病原体(HIV感染症、梅毒)によっては感染早期に症状の全くないものもあります。
Q どうやって診断しますか。
 病原体により診断方法が異なります。前述の症状が認められれば、各々の部位より病原体の検出を行います。
Q どんな治療法がありますか。
 感染した病原体に効果のある薬剤を投与します。そのためには正確な診断が必要となりますので、性行為の後に少しでも不安があれば、必ず泌尿器科を受診するようにしてください。

健康情報メニューへ