いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

ピロリ菌について

 ピロリ菌という細菌をごぞんじでしょうか。胃・十二指腸潰瘍(かいよう)の方の胃から発見された菌で、潰瘍発症の原因であるばかりでなく、胃がんの発症に大きく関与していると考えられ、現在注目されています。  ピロリ菌が人に感染するのは乳幼児期で、不衛生な井戸水の摂取や母親からの口うつしによる食事から感染し、一度感染すると自然には排除されず、長年にわたって胃の粘膜を障害し続けます。ピロリ菌は日本では人口の約半数が感染し、特に五十歳以上の中高年の方では、感染率は七〇%以上とされています。  最近の日本や中国の研究により、ピロリ菌感染者では、非感染者より高率に胃がんが発症することが判明しており、また除菌により、発がんリスクが大きく抑えられることも分かってきました。またピロリ菌は、前述した胃・十二指腸潰瘍や、一部の胃リンパ腫や血小板減少性紫斑病という血液疾患にも関与していることが判明しています。  ピロリ菌の感染の有無を調べるには、内視鏡で胃粘膜の一部を採る検査や、血液および便や呼気を調べる検査があります。ピロリ菌の除菌成績は八割程度でしたが、今年から、今までの除菌療法が効かなかった方に対して、違う除菌療法を試みることが保険で認可されました。除菌成績がさらに向上し、胃がんなどの発症リスクをより低下させることができるものと期待されています。

健康情報メニューへ