いわき市医師会からの健康情報(広報いわきに掲載されたものです。)

健康情報メニューへ

在宅療養を実現するために必要なこと

 高齢になったり、病気になったりして一人では生活が難しく、通院が困難な状況であっても、できるだけ自宅で生活したい方は多いと思います。 本人が在宅療養を希望している場合、在宅療養を支える家族などの介護者が必要です。できれば一人だけでなく、少しでも援助できるほかの方がいるとよいと思います。次には、在宅療養を支える医師や看護師がいることです。医師は定期的な訪問診療や緊急時の往診を行います。まず、これまで通院していた近くの医師などに、訪問診療・往診してもらえるか聞いてみてください。医師の事情によって訪問診療・往診ができない場合は、ほかに対応してくれる医師がいるか、ケアマネージャーやお住まいの地区の「地域包括支援センター」に相談してみてください。 また、医療の必要度が高い方は、訪問看護ステーションを利用すると安心して療養することができます。在宅療養には、医療と介護がうまく連携していることが重要です。要介護認定を申請し、ケアマネージャーに介護の計画を依頼します。ケアマネージャーを選ぶには、「地域包括支援センター」に相談するとよいでしょう。

健康情報メニューへ